ホーム > うつ病が治った!

うつ病が治った!

うつ病が治った!

うつ病が治った

この患者さんは、下の表にありますように、実にさまざまな顎関節症々状が改善されています。
特に患者さんが喜ばれたのは抗うつ剤の服用を中止できたことです。当院の治療法は、最長で一ヶ月程度です。
今までにも顎関節症が治るケースがあったのでしょうが、治療に長期間要したために治療が奏効して症状がとれたかどうかを判定できませんでした。
当院では、華々しい成果を挙げています。今後データベース化して、どのような症状が顎関節症々状なのか?どのような症状が顎関節症治療で治るのかを見極めていきたいと思っています。この患者さんの治療は2週間で終わりましたが、術後1ヶ月に、お送りいただいたのが下の表です。

術前の状態 術後の状態
朝、腰が痛くてすぐには起きられない 、起きても眠気から覚めず頭がぼんやりとしている手足が冷たくしびれていて、体が思うように動かなかった 。朝食準備、体操も眠くて辛かった。
朝の目覚めが良くなった 。頭がすっきりとして、良く眠れたと実感できる 。ラジオ体操、朝食準備も体を楽に動かせるようになった。偏頭痛から解放された
日中も眠たい状態が続いて、昼寝をしないではいられないほど 頭がなまりのように重かった 日中は眠くならず頭痛もなく、昼寝をしなくても良くなった。
頑固な便秘に悩まされ、胃腸が常にもたれて調子が悪く食欲も なかった。老廃物の吹き出物で目の上に、つりえぼがあった。
良く噛むことができるようになり、食欲が出てきた 。胃腸の調子が良く、お通じが良くなった、つりえぼが自然と治った。
台所の立ち仕事、掃除、買い物など、家事は腰に負担がかかり、 常に疲労感があり、鈍痛があった 。よく電気が走るように痛みがある、ぎっくり腰もおこした 。
日常の腰の負担がかかる動作も、背筋がピンと伸びた姿勢が 身に付いたことで自然と腰痛をカバーできるようになった。
重たい荷物を持つ時も、歯を安定した位置でかみ合わせることで、 今までより力がついて、楽に左右バランスよく持てるようになった。
買い物の際、荷物は右肩に下げ、重たいものは左で持てなかった 。荷物があると疲労感があった。疲れてくると、腰を曲げた猫背の お腹を突き出した姿勢をとってしまい、それがまた腰痛の原因となっていた。
外出しても以前より疲れにくくなった。体の中心がまっすぐ伸びた感じで、歩くのも楽しく、駅の階段も すすんで使うようになった
半年以上、メニエール病に悩まされていた耳の閉塞感と頭痛で眠りにつくことが出来ず、漢方薬とあわせて 精神安定剤のデパスを服用していた。これを飲むと6~7時間 頭痛は治まるため、依存しているところがあった。しかし強い眠気と、頭がぼんやりして忘れっぽくなるなどの副作用もあった 。
長い間服用していた精神安定剤を止めることができた 。デパスは特に強い影響のある薬なので、止めることができて 本当に良かった 。メニエール病の症状もほとんど治ったと思う少し耳に違和感があるだけで頭痛がなく、気持ちもイライラする ことが少なくなった。
体全体が不調で気持ちが沈みがちであった 口元の表情が口角が上がって明るくなった肌がきれいになった 。食事は左右で良く噛めて楽しくなった。趣味の歌を歌うことも、顎が疲れることもなく口を大きく開けて 楽しく歌うことが出来る。

Dr.田中注:患者さんは、「偏頭痛が治った」と記述されていますが、よくお話をお聞きすると、緊張性頭痛が治まったようです。

知っておきたい頭痛の知識

皆さんに知っておいていただきたい頭痛の知識についてお話しておきたいと思います。
というのは、顎関節症になるとかなりの頻度で頭痛を起こすからです。
頭痛は一次性と二次性頭痛に分類されます。
頭蓋内に明らかな異常がないのに起こる頭痛を一次性頭痛といいます。
代表的なものとしては
片頭痛、緊張性頭痛、群発頭痛です。
かみ合わせの異常で緊張性頭痛を起こしている方は多いようです。原因が分からない緊張性頭痛で悩まれている方は、まずはこんなテストからでかみ合わせの異常がないか診断してみてください。
これに相当しない方は体が歪まない顎関節症の項を参照して下さい。
かみ合わせの異常と群発頭痛との関係は明確ではありませんが、次の群発頭痛が治った?の項を参照して下さい。
かみ合わせの異常で片頭痛を起こすという歯科医がいますが、私は確かな関連性を見つけるに至っていません。