青山田中歯科医院BLOG

顎関節症とO(オー)脚2





前回に続いて、顎関節症とO脚についてです。

O脚

顎関節症の原因は、噛み合わせの悪さから来ます。
この患者さんは、右の噛み合せの高さに較べて左の噛み合せの高さが高いために頭が右に傾きました。
頭の重さはボーリングの球ほどの重さがあります。頭が傾くと体が傾いてきます。
全身の骨は関節でつながっています。全身の筋肉もつながっています。神経もつながっています。
1つの組織に異常が生じると他の組織にも異常が波及します。これをキネマチックチェーン(運動学的連鎖)と呼んでいます。
頭の傾きから、O脚を生じさせる現象がキネマチックチェーンです。
ほとんどの顎関節症患者さんでは、頭の傾斜やズレを生じます。この頭の傾斜やズレが肩こり、腰痛などを引き起こします。
この詳しいメカニズムについては、次回に解説します。

投稿者 青山神宮外苑歯科